にじいろカルテット
Quartet
STEP1

単色の虹を同時に8つつくり、
虹の音を重ねるとき、 4人の音色は奏でられる


背景から、虹はドーナツを半分にした形とわかる
これと似たようなものはないだろうか?
 ↓
 ↓(みつからない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
半分がないなら、4分の1はないだろうか?
 ↓
 ↓(みつからない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
各パートの背景の枠の終端が虹の半分ににている
 ↓
 ↓(たくさんあるがどれをつかえば)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
各パートに虹の半分が4つある
同色が2個ずつあることも考えると、全部使って8個の虹ができそうだ
 ↓
 ↓(虹が少ししかつくれない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
紙を並べても8個はむりそうだ
丸めてもできない、では紙を折ればどうだろうか?
 ↓
 ↓(折り方がわからない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
一つの折り方では無理そうだ
二つずつ、二種類の折り方ではどうだろう?
 ↓
 ↓(折り方がわからない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
文字がみえるように、横と縦に半分に一回折ろう

 ↓
 ↓(どれをどっちにおるかわからない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
1st Violin と Viola・・・@
2nd Violin と Violoncello・・・A
 ↓
 ↓(組み合わせ方がわからない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
重ねることで裏表に4個ずつできそうだ
 ※A4サイズの大きさになる
 ↓
 ↓(組み合わせ方がわからない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
交互に重なっている

※@とAの折り方を逆にしても虹が作れます
 表面に対して、裏面が正転か反転かの違いです
 ↓
 ↓(虹の音がわからない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
組み合わせたものに虹色のものはないだろうか?
また、残りの4枚に虹色のものはないだろか?
 ↓
 ↓(重ねたがわからない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
虹の音符と背景に注目
 ↓
 ↓(わからない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
五線譜に注目
 ↓
 ↓(わからない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
五線譜がつながって、そこに虹の音符がある
 ※violoncelloにおいて一部の線が小謎で隠れています。
 ↓
 ↓(音符が解読できない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
音符を変換できないだろうか?
 ↓
 ↓(1st Violinの対応表では言葉にならない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
1st Violinは一人で演奏したときの対応表
新たな対応表はないだろうか? 4人の中心をさがしてみよう
 ※答えは、7文字の英単語になります


↓答えが分かったら入力↓



トップへ戻る
1st Violin STEP1  STEP2
2st Violin STEP1  STEP2
Viola STEP1  STEP2
Violoncello STEP1  STEP2

inserted by FC2 system