転校生と虚数世界
第肆ノ書
STEP1

第弐ノ書同様に四色の線がある
太陽と月のシンボルが描かれている

第弐ノ書にて土・水・火・風の順に使った
同様の順番でやればいい
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
まずは土(茶)を山折、次に水(青)を谷折しよう
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
折った状態でみえている火(赤)を切る

========================
<山折谷折後の形と裁断箇所について>
表面と裏面
   
両面の赤線部を重なっている紙ごと切ります。
真ん中で赤線が途切れていますが、
両面から切り進めると真ん中で切断箇所が繋がります。
========================
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
広げると真ん中に火(赤)が残っている
これもきる必要がありそうだ

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
風(緑)をつむごう
 ↓
 ↓(つむぎかたがわからない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
小さい三角に風(緑)はないから無視してよさそうだ
 ↓
 ↓(できない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
細長い2本には、切り込みで風がとぎれている
 ↓
 ↓(できない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
細長い2本の両端がつながる
それぞれがどうやら輪っかのようになりそうだ
 ↓
 ↓(できない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
2本の切り込み同士をあわせればどうだろうか?
 ↓
 ↓(できない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
立体的に組むことが出来そうだ

 ↓
 ↓(できない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
それぞれが△と▽となり組むことができそうだ
 ↓(できない)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓



『細長に2本はつなげたけど・・・』
 第肆ノ書 STEP2へ



トップへ戻る
第壱ノ書 STEP1 STEP2 答え
第弐ノ書 STEP1 STEP2 答え
第参ノ書 STEP1 STEP2 答え
第肆ノ書 STEP1 STEP2

inserted by FC2 system